products

O’SHAUGHNESSY オショネシー

O'SHAUGHNESSY オショネシー

NAPA, CA US

伝統と現代の技術・知識の融合

O'SHAUGHNESSY オショネシー

Howell Mountain(ハウエル・マウンテン):

山の中腹に位置する約120エーカーの広さ。葡萄の苗木は根が深く植えられていて樹齢18年になります。

葡萄品種の選択肢を広げるため、多種多様なカベルネ・ソーヴィニヨンのルートストック(台木)、クローンを利用し、1997~2002年の間に29エーカー分のカベルネ・ソーヴィニヨンを植樹。8種のボルドーブレンド品種、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、メルロー、マルベック、カルムネール、サン・マケール、グロ・ヴェルド(Gros Verdot)を6エーカーの広さに植えました。

アンフィシアター(円形演技場型)ヴィンヤードは山の中腹を囲うような形から名付けられ、ランチョ・デル・オソヴィンヤードはワイナリーに一番近い畑です。2012年、隣接した15エーカーの畑を購入する機会に恵まれ、カベルネ・ソーヴィニヨンを植樹しました。

この3ヶ所の畑で栽培される葡萄はハウエル・マウンテン カベルネ・ソーヴィニヨン、ハウエル・マウンテン メルローに独占使用しています。

Mount Veeder(マウント・ヴィーダー):

急こう配な段々畑での葡萄栽培は、十分な栄養と水分を継続的に吸収することが難しく苦労します。マウント・ヴィーダーで栽培した葡萄で造られたワインは力強くエレガント。

土壌から表現されるラベンダー、スミレの香りが心地よいです。

ファーストヴィンテージの2002年から、メディアでその魅力が高く評価されています。

2000年に土地を入手。42エーカー(東京ドーム約4個分)のうち17エーカーで栽培。

2006年、265エーカー(東京ドーム約23個分)のウールランチ(農場)を購入。

2012年に初めて収穫。32エーカーの畑では主にカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培。また、メルロー、カベルネ・フラン、マルベック、カルムネールとサン・マケールを小規模区画で育てています。

Oakville(オークヴィル):

ウールズ夫妻の家を囲むようにあるオークヴィルの畑は30エーカーに及ぶ。何度か栽培・収穫過程を繰り返し、現在は白ワイン葡萄品種を育てています。

シャルドネはオールド・ウェンテクローン、809、548クローンを使用。複雑味を表現し表情豊かな素晴らしいブレンドで2009年に初リリース。

O'SHAUGHNESSY オショネシー ワイナリーオーナー

ワイナリーオーナー:ベティ・オショネシー・ウールズ & ポール・ウールズ

ミネソタ州出身のベティは幼少期を地方の農業・農村地で過ごす。大学卒業後、ミネソタ州の州都、ミネアポリスで不動産投資/開発でキャリアを積みながら家庭を築いた。彼女の起業家精神は食・ワイン業界に対する情熱にも火を注ぎ、ミネアポリスでのクッキングスクールオーナー兼講師から、ナパ・ヴァレーでのワイナリー立ち上げへと変化していきました。

ベティはナパ・ヴァレーの美しい土地、畑、気候に惚れ込み、1990年、オークヴィルの1区画を手に入れました。

その数年後、ブドウ品種を増やすためハウウェル・マウンテンとマウント・ヴィーダーを入手。21世紀には地下カーヴを、その後ワイナリーの全体構造を設計。全てのプロジェクトは2003年の収穫期に完了しました。

ワイナリーでの仕事に加え、ベティはボランティアや地域での慈善活動に積極的でした。2009年、ナパのクィーン・オブ・ザ・バレー・メディカル・センターの理事就任という光栄な役割が加わった所以です。

ポールの人生もアメリカ中西部インディアナ州から始まります。のちにニューメキシコ州へ引っ越し、そこでワインへの情熱に目覚めました。苦学生時代空腹に耐え、月1回近所にあるフレンチレストランで食事することが楽しみだったそうです。ロースクール、司法研修時代にワインの知識を深め、その後もワインへの情熱が衰えることはなく、ベティとの出会いにより、向上心をもってさらにワインの知識を増やしました。

二人は常に最高のワインを造ることに徹し、共に困難、目標にチャレンジしています。

夫婦はたくさんの子どもに恵まれ(全員女の子)、孫にも囲まれています(ほぼ男の子)。ベティとポールは同志として、パートナーとして、そしてワインを愛する醸造仲間としてオショネシーエステートワイナリーでこれからも人生を共に歩んでいきます。

O'SHAUGHNESSY オショネシー 代表兼ワインメーカー

代表兼ワインメーカー:ショーン・キャピオー

世界各国の著名ワイナリーで経験を積んだ経歴は26年。カリフォルニア州立大学フレズノ校で醸造学専攻、副専攻で化学を学ぶ。卒業後、ソノマ・カウンティ アレキサンダー・ ヴァレーにある『ジョーダン』でキャリアをスタート。その後オーストラリア パースへ飛び、170年にわたりワイン造りをしているホートン・ワイナリーでワインメイキングを学びました。

アメリカへ戻り、1978年創業のスタッグスリープにある老舗ワイナリー、パインリッジでアシスタントワインメーカーを経験した後、ピーター・マイケルにてアシスタントワインメーカーとして4年間従事。オショネシーに入る前の数年間、ニューヨーク州ロングアイランドとカリフォルニアの両方で働きながら、ワインメーカーとしての経験を積みました。

オショネシー代表兼ワインメーカーに就任したショーンは、世界レベルのカベルネ造りに取り組み続けています。伝統的な技術と現代の技術・知識を融合した新スタイル。すべてのワインは自然発酵され、本来自然が生み出す味と香りを表現するため清澄濾過処理を一切ほどこしません。

【ホームページ】
https://www.oshaughnessywinery.com/

O'SHAUGHNESSY オショネシー

【プロダクト】※全てHowell Mountain, Napa

オークヴィル・シャルドネ
Oakville Chardonnay
ハウエル・マウンテン メルロー
Howell Mountain, Merlot
ハウエル・マウンテン カベルネ・ソーヴィニヨン
Howell Mountain, Cabernet Sauvignon
マウント・ヴィーダー カベルネ・ソーヴィニヨン
Mount Veeder, Cabernet Sauvignon

Top