products

FORMAN フォーマン

NAPA, CALIFORNIA US

リック・フォーマン
”神童から英雄へ”

リック・フォーマン氏は、ナパ・ヴァレーで1960年代からワインを造り始め、若き神童としてカリフォルニア中にその名を轟かせました。

彼がワイン造りに携わった始まりはデイヴィス校に在学中の1967年、「ストーニーヒル」 や、あの 「モンダヴィ」 です。卒業の年となった翌1968年、新しく設立される予定だった 「スターリング・ワイナリー」 に大抜擢され、25歳という若さでワイナリーの運営を任されました。その「スターリング」で10年間働き、当時誰も行っていなかったシャルドネの樽発酵などを実践し、スターリングを一流のワイナリーに育て上げました。

1977 年に「スターリング・ヴィンヤード」はコカ・コーラ社に買収され、共同経営者のピーター・ニュートン氏(現ニュートンのオーナー)と共にフォーマン氏は 「スターリング」を去り、「ニュートン」に4年間参加すると同時に「ダックホーン」の設立時にも参加し、こちらでも彼の手掛けたワインは見事な評価を獲得。その後1983年に「フォーマン」を設立しました。

フォーマン氏は「スターリング」に居た頃、ナパのセント・ヘレナに土壌の素晴らしい土地を買っており、畑が完成するまで「ケンダル・ジャクソン」等のコンサルタント業を行う一方、ハーラン・エステートのオーナーのビル・ハーラン氏や、元ドミナスの共同経営者のロビン・レイル女史が設立した「メリー・ヴェル」の初期のワインメーカーも務めました。また、ナパのトップ・ヴィンヤード・マネージャー、デヴィット・エイブリュー氏自身のブランド「エイブリュー」でもワイン造りに携わっています。

「フォーマン」はハウエル・マウンテンの中腹、セント・ヘレナの町が見渡せる高地の緩やかな斜面にあり、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ、プティ・ヴェルドを栽培しています。 シャルドネは、小石が混ざった表土が深めの土壌であるラザフォード地区で栽培しています。

Top